海外ジャーナルレビュー : 「癌」

CAR-T細胞療法の費用効率性は長期の有効性次第
Cost Effectiveness of Chimeric Antigen Receptor T-Cell Therapy in Relapsed or Refractory Pediatric B-Cell Acute Lymphoblastic Leukemia [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:Journal of Clinical Oncology
年月:November 2018
巻:36
開始ページ:3192
【背景】
キメラ抗原受容体T細胞(CAR-T)療法tisagenlecleucelは、再発・難治性のB細胞急性リンパ性白血病(ALL)において有望とみられているが、現在最も高額ながん治療法でもある。Stanford UniversityのLinらは、小児再発・難治性B細胞ALLにおけるtisagenlecleucelの費用効率性を、ブリナツモマブ、クロファラビン併用化学療法、クロファラビン単独療法と比較した。
【結論】
5年無再発生存率が40%と仮定すると、tisagenlecleucelは余命を12.1年延長し、費用は1 QALY(質調整生存年)あたり61,000ドルとなった。5年無再発生存率が20%と仮定した場合には、余命延長は3.8年、費用は151,000ドル/QALYと高額になった。5年無再発生存率0%で移植への橋渡しとして用いる場合には、それぞれ5.7年、184,000ドル/QALYとなった。価格を現在の475,000ドルから200,000ドルまたは350,000ドルに引き下げると、全てのシナリオで妥当なwillingness-to-pay閾値に収まった。
【評価】
JAMA Pediatrics誌の論文で、別グループによる検証も行われている(http://doi.org/10.1001/jamapediatrics.2018.2530)。効果が長期的な場合には、(高額な薬価にもかかわらず)tisagenlecleucelは費用効率的であると考えられたが、長期的でない場合には現在の価格設定は正当化できない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site