海外ジャーナルレビュー : 「癌」

進行胃がんセカンドラインでのペムブロリズマブ、利益示せず:KEYNOTE-061
Pembrolizumab versus paclitaxel for previously treated, advanced gastric or gastro-oesophageal junction cancer (KEYNOTE-061): a randomised, open-label, controlled, phase 3 trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The Lancet
年月:June 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
ペムブロリズマブはメラノーマ・肺がん・膀胱がんなどで有効性を示し、消化器がんでも検証が進んでいる。日本国立がん研究センター東病院National Cancer Center Hospital EastのShitaraらは、進行胃がん・食道胃接合部がん患者を、ペムブロリズマブまたはパクリタキセルに割り付ける第III相多国籍ランダム化試験KEYNOTE-061を実施した(n=592)。
【結論】
PD-L1陽性(combined positive score≧1)の患者(n=395)において、全生存期間中央値は、ペムブロリズマブ群9.1ヶ月・パクリタキセル群8.3ヶ月であった(ハザード比0.82)。無増悪生存期間は、それぞれ1.5ヶ月・4.1ヶ月であった(1.27)。グレード3以上の治療関連有害事象は、ペムブロリズマブ群の14%、パクリタキセル群の35%で生じた。
【評価】
第II相KEYNOTE-059試験では有望結果を示しFDA迅速承認を得ていたが(http://doi.org/10.1001/jamaoncol.2018.0013)、第III相ではパクリタキセルとの差を示せなかった。初回治療としてのペムブロリズマブを評価するKEYNOTE-062試験も進行中である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site