海外ジャーナルレビュー : 「癌」

CD19-28z CAR-T細胞療法の長期結果:効果は腫瘍負荷に依存か
Long-Term Follow-up of CD19 CAR Therapy in Acute Lymphoblastic Leukemia [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:February 2018
巻:378
開始ページ:449
【背景】
CD19特異的CAR-T細胞療法はB細胞急性リンパ性白血病(ALL)において高い初期寛解率を示しているが、長期的な有効性はどうか。Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのParkらは、再発B細胞性ALL成人患者にCD19-28z CAR-T細胞を投与した第I相試験において、安全性・長期アウトカムを評価した(n=53)。
【結論】
26%でサイトカイン放出症候群(CRS)が発生し、1名が死亡した。完全寛解率は83%であった。追跡期間中央値29ヶ月で、無イベント生存期間6.1ヶ月・全生存期間12.9ヶ月であった。治療前の腫瘍負荷が低かった患者(骨髄中芽球が5%未満)では、寛解持続期間・生存期間ともに大きく延長した(10.6ヶ月・20.1ヶ月)。腫瘍負荷が高かった患者ではCRS・神経毒性イベントが多く、生存期間は短かった。
【評価】
これまでで最長のフォローアップ結果で、CAR-T細胞療法により長期的な治癒がもたらされることを示した。また寛解持続期間はT細胞の持続性によっては予測されず、治療前の腫瘍負荷に依存することも明らかにされた。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site