海外ジャーナルレビュー : 「癌」

術後ホルモン療法を受けた乳がん女性の再発リスク、20年後も:EBCTCGによるメタ解析
20-Year Risks of Breast-Cancer Recurrence after Stopping Endocrine Therapy at 5 Years [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:November 2017
巻:377
開始ページ:1836
【背景】
早期のエストロゲン受容体(ER)陽性乳がん女性での5年間のホルモン療法は、15年にわたって乳がん死亡を減少させる。イギリスUniversity of OxfordのPanらは、88試験のメタ解析を行い、5年間のホルモン療法中に再発のなかったER陽性乳がん女性の20年リスクを評価した(n=62,923)。
【結論】
5年から20年の期間を通じ、乳がんの遠隔再発率は、T1N0患者13%、T1N1-3患者20%、T1N4-9患者34%、T2N0患者19%、T2N1-3患者26%、T2N4-9患者41%であった。乳がん死亡率もTNステータスと関連したが、対側乳がんリスクは関連しなかった。腫瘍悪性度とKi-67は中程度の再発予測因子であり、HER2は再発予測因子ではなかった。
【評価】
ホルモン療法は再発リスクを大きく減少させるが、これらの患者はなお大きな再発リスクを抱えたままであった。現在、より長期のホルモン療法の有効性が検証されているが、このメタ解析は高信頼度の基礎的データを提供する。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(癌)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Journal of Clinical Oncology (JCO)、Journal of the National Cancer Institute(JNCI)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、Cancer Research (Cancer Res)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]

脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]
出版社:協和企画

4,903 円(税込)

胃癌取扱い規約 第15版

胃癌取扱い規約 第15版
出版社:金原出版

4,104 円(税込)

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
出版社:羊土社

4,104 円(税込)

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!
出版社:南江堂

3,024 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site