海外ジャーナルレビュー : 「看護」

肥満女性の帝王切開後SSI予防に陰圧閉鎖療法は有害無益
Effect of Prophylactic Negative Pressure Wound Therapy vs Standard Wound Dressing on Surgical-Site Infection in Obese Women After Cesarean Delivery: A Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:September 2020
巻:324
開始ページ:1180
【背景】
予防的陰圧閉鎖療法(NPWT)は、肥満女性の帝王切開後の手術部位感染(SSI)リスクを軽減するか。Indiana UniversityのTuuliらは、帝王切開後の肥満女性1,608名を対象としてこれを検証するRCTを行った(対照:標準的創部ドレッシング)。一次アウトカムは、CDC基準によるSSI診断である。
【結論】
一次アウトカムにおける有意差はなかった。皮膚の有害反応は陰圧群が有意に多かった(7.0% vs. 0.6%)。
【評価】
FDA許可されて長いデバイスによる手法だが、Cochraneレビューは「一般に大規模RCTが必要」としていた(https://www.cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD009261.pub4/full)。このテーマでは有害無益ということになった。他の応用でも再検討が必要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site