海外ジャーナルレビュー : 「看護」

稽留流産管理にmifepristonを併用:MifeMiso試験
Mifepristone and misoprostol versus misoprostol alone for the management of missed miscarriage (MifeMiso): a randomised, double-blind, placebo-controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護
ジャーナル名:The Lancet
年月:September 2020
巻:396
開始ページ:770
【背景】
稽留流産への現在の治療標準薬はミソプロストールだが、mifepristonも使用されている。英国University of BirminghamのDevall(MifeMiso)らは、妊娠14週以内に超音波検査で稽留流産を診断された16歳以上の女性を対象として、ミソプロストール投与前における経口mifepristone前処置の効果・安全性を 検証するRCTを行った(n=696、対照:ミソプロストール単独)。一次アウトカムは、7日以内の胎嚢自然排出失敗率である。
【結論】
Mifepristonによる前治療の一次アウトカム有効性を認めた(RR:0.73)。外科的介入率でも併用が優れた(RR:0.71)。有害事象発生率に群間差はなかった。
【評価】
高信頼度の全英共同研究で、同国のガイドライン変更を促すエビデンスを提出した。コストも安いという。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site