海外ジャーナルレビュー : 「看護」

言語的コミュニケーションが困難な患者への在宅医療
How language barriers influence provider workload for home health care professionals: A secondary analysis of interview data [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護
ジャーナル名:International Journal of Nursing Studies
年月:November 2019
巻:99
開始ページ:103394
【背景】
移民など言語的コミュニケーションが困難な患者(LEP)に対する在宅医療の作業負荷は。New York UniversityのSquiresらは、在宅医療提供者への半構造化インタビューをおこない、LEPの言語障壁が作業負荷へ及ぼす影響を分析した(n=35)。
【結論】
142件のインシデントがあった。LEPケアの作業時間は多いが、既存の通訳サービスは、在宅医療特有のケア環境に対応するようには設計されていない。在宅医療提供者は、LEPの英語レベルに基づいて作業パターンを変更しなければならなかった。
【評価】
2010年国勢調査時点でアメリカ世帯の20%が自宅で英語以外の言語を話していた。この論文は同国で重要となったLEPケアのアウトカム研究の二次分析で、アウトカムを左右する最大の問題が通訳者の質(医学知識不足)であることを示唆している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

7,040 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

20,350 円(税込)

メディカルオンライン セルフパブリッシュ
Medical Online English Site