海外ジャーナルレビュー : 「看護」

女性がん患者を介護する男性のニーズとは
Perceived Needs, Preparedness, and Emotional Distress of Male Caregivers of Postsurgical Women With Gynecologic Cancer [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:看護
ジャーナル名:Oncology Nursing Forum
年月:March 2018
巻:45
開始ページ:197
【背景】
女性がん患者の術後における男性介護者の経験とニーズは。Case Western Reserve UniversityのMazanecらは、乳がん患者の入院後48〜72時間および退院後5〜7日以内における、男性介護者のニーズ(Comprehensive Needs Assessment Tool for Cancer Caregivers[CNAT-C])、介護の心構えができていること(Preparedness for care-giving scale[PCGS])と感情的苦痛(National Comprehensive Cancer Network Distress Thermometer)の関連を評価した(n=50、平均年齢60.64歳)。
【結論】
両時点で、男性介護者によるニーズが多かったのは、医療従事者との交流と情報であった。介護の心構えができていることと感情的苦痛との関連は示されず、入院中の家族・社会による支援のみに関連していた。退院後30日以内の再入院率は、いずれの時点でも介護の心構えができていること、または感情的苦痛に関連していなかった。病院施設・サービスにおけるニーズ増は、再入院率増加に関連していた。さらなる検討を必要とされた男性介護者サブグループの特性は、若年・未婚・在職中・低所得だった。
【評価】
女性患者の男性介護者が医療チームとの意思疎通や情報の必要としている結果は、他研究でも示されている(https://doi.org/10.1007/s00520-014-2529-0、https://doi.org/10.1016/j.ejca.2015.06.129)。米国では、介護者を医療記録に記録する、退院時期を介護者に通知する、自宅での医療行為についての指示する、といったことを義務付けるCaregiver Advise Record Enable法が30州以上で制定されている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(看護)
Oncology Nursing Forum, International Journal of Nursing Studies
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site