海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

高BMIはCOVID-19死亡の独立予測因子
Obesity and Mortality Among Patients Diagnosed With COVID-19: Results From an Integrated Health Care Organization [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Annals of Internal Medicine
年月:August 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
COVID-19での、特に若年重症化患者に肥満者の多いことが注目されている。Kaiser Permanente Southern CaliforniaのTartofらは、同システム管理下施設でCOVID-19診断を受けた患者6,916名(平均年齢49.1歳・女性55.0%・平均BMI 30.6 kg/m2)を対象として、COVID-19原因死亡とBMI等要因との関連を検討する後向コホート研究を行なった。
【結論】
T2D等肥満関連合併症因子調整後も、BMIと死亡リスクはJ型相関を示した。BMI 18.5〜24 kg/m2の患者と比べて、40〜44 kg/m2の患者は2.68、45 kg/m2以上の患者は4.18の相対リスクを有し、さらに60歳以下男性においてこのリスクは増大した。人種や社会地域的要因との関連は認められなかった。
【評価】
初期から指摘されていた肥満のCOVID-19死亡リスクを、十分なデータ数により「BMIが独立に関連する」として定量化した。BMI 45 kg/m2以上患者の死亡は診断から平均21日だった、という。関連の機構は興味深いが、未だすべてスペキュレーションに留まっている(https://www.ahajournals.org/doi/pdf/10.1161/CIRCULATIONAHA.120.047659)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site