海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

肥満外科は低BMI・高減量ほど安全:大規模観察研究
Association of Preoperative Body Weight and Weight Loss With Risk of Death After Bariatric Surgery [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:JAMA Network Open
年月:May 2020
巻:3
開始ページ:e204803
【背景】
肥満外科手術は、術前にある程度減量しておくことが有益であると示唆されている。University of IowaのBaoらは、Metabolic and Bariatric Surgery Accreditation and Quality Improvement Program登録の手術患者480,075名を対象として、肥満外科手術前のBMI・術前減量と術後30日以内死亡(主要アウトカム指標)との関連を検討するコホート研究を行なった。
【結論】
死亡発生率は0.1%だった。術前BMI 35.0〜39.9の患者と比べ、30日死亡のオッズ比は術前BMIが高いほど増加した(例:45.0〜49.9で2.19)。また手術前無減量患者と比べ、手術減量が大きかった患者ほど死亡のオッズ比は低かった(例:5.0%〜9.9%で0.69)。
【評価】
同様の関連を検討した先行メタ解析(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30328098)・観察研究(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31240533)では明確な結論は出ておらず、これはこの関連を用量反応レベルで示した初の大規模研究となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site