海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

新規診断T2D患者への導入療法:定石の変更をVERIFY
Glycaemic durability of an early combination therapy with vildagliptin and metformin versus sequential metformin monotherapy in newly diagnosed type 2 diabetes (VERIFY): a 5-year, multicentre, randomised, double-blind trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:October 2019
巻:394
開始ページ:1519
【背景】
2型糖尿病(T2D)薬物治療の「定石」はメトホルミン単剤から開始してのステップアップである。英University of OxfordのMatthewsら(VERIFY)は、新規診断成人患者に対するビルダグリプチン・メトホルミン併用とメトホルミン単剤による導入の有効性・安全性を比較するRCTを行った(n=2,001)。治療期間は5年間、一次有効性エンドポイントは治療失敗(2回連続でHbA1c>7.0%)である。
【結論】
併用療法の一次エンドポイント有効性を認めた(HR:0.51)。安全性に群間差はなかった。
【評価】
よいのではないかと示唆されていたアプローチを最大・最長で前向検証したランドマーク的結果である。 DPP-4阻害薬とメトホルミンという組み合わせには理論的魅力もあり、実践へのインパクトは大きい。更なるフォローアップと詳細分析の発表が期待される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site