海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

GLP-1はα細胞のβ細胞への転分化を誘導する
Glucagon-Like Peptide 1 Increases β-Cell Regeneration by Promoting α- to β-Cell Transdifferentiation [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Diabetes
年月:December 2018
巻:67
開始ページ:2601
【背景】
グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)にはβ細胞増殖機能があるとされてきた。韓国Gachon UniversityのLeeらは、GLP-1がα細胞を転分化させてβ細胞を新生させる、というマウスレベル実験を報告した。
【結論】
GLP-1を発現させる遺伝子導入によりマウス非β細胞由来のβ細胞が顕著に増殖した。遺伝子導入マウスの膵島組織およびGLP-1受容体アゴニストexendin-4処理したαTC1 clone 9細胞でα細胞の増殖を確認し、さらにリネージトレーシングによりα細胞のβ細胞への転分化を確認した。また、exendin-4は、αTC1-9細胞およびβ細胞除去膵島においてFGF21の発現・分泌を増幅した。Exendin-4によるinsulin+glucagon+細胞の生成は、FGF21ノックアウトマウスの膵島で顕著に減少した。GLP-1は膵でβ細胞を転新生させることができ、これは部分的にFGF21により誘導される可能性がある。
【評価】
α細胞のβ細胞への転分化は臨床的にも重要な問題で、glucagonはエッセンシャルだがGLP-1は関連しないという見解もあった(http://dev.biologists.org/content/142/8/1407.eLetters)。この論文は介在因子まで同定して、GLP-1にこの作用があるという仮説を説得的にした。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site