海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

小児肥満と大腿骨頭滑り症との関連はおそらく因果的
Childhood Obesity and Slipped Capital Femoral Epiphysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:Pediatrics
年月:November 2018
巻:142
開始ページ:e20181067
【背景】
大腿骨頭滑り症(SCFE)と小児肥満との関連を示唆する報告がある。英University of LiverpoolのPerryらは、スコットランドにおける全入院データ・全小学校入学時検診データを用いてこの関連を検討するート研究を実施した(n=597,017)。
【結論】
5/6歳児のBMIとSCFEとの間には強い用量作用関係があり、BMI zスコア1増ごとにSCFEリスクは1.7倍増した。また、5/6歳の肥満児のSCFEリスクは通常BMI児の5.9倍であり、11/12歳の肥満児のSCFEリスクは通常BMI児の17.0倍であった。
【評価】
この関連を示唆してきた研究の集大成的コホート研究である。著者らは、時間的関係・用量作用曲線等からこの関連が因果的であることを主張している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site