海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

ハイカーボ vs. ローカーボ論争に幕?
Dietary carbohydrate intake and mortality: a prospective cohort study and meta-analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:September 2018
巻:3
開始ページ:419
【背景】
食事中炭水化物量に関する「low-carb/high-carb」論争には収束が必要である。Brigham and Women's HospitalのSolomonらは、ARIC study参加者15,428名のデータをもとにこの問題を検証した。一次アウトカムは全死因死亡であり、炭水化物からの摂取エネルギー量と全死因死亡との関連を検討した。さらに、ARIC結果と前向7研究のメタ解析結果を統合した解析も実施した。また、植物/動物由来のタンパク質・脂質のどちらが死亡率に影響を与えるのかも検証した。
【結論】
フォローアップ期間中央値25年で、ARICコホートでは、多因子調整後炭水化物由来エネルギー量と死亡率の関係はU型であり、炭水化物からのエネルギーが全エネルギーの50〜55%の場合に死亡率が最も低かった。全コホートのメタ解析でも、炭水化物からのエネルギー量が40%未満または70%以上の場合の死亡率上昇を確認した(pooled hazard ratio: 1.20)。しかし、この関連は栄養素の由来に左右され、炭水化物を動物由来タンパク質・脂質に変えると死亡率は上昇する一方、植物由来に変えると死亡率は低下した(0.82)。
【評価】
ハーバードの注意深い検証により、「low-carb/high-carb」論争に「中庸がよい、ただし菜食気味で」という結論を提示した。地中海食と和食との間近辺がグローバルな推奨となる可能性がある(https://silex-transl.com/ghr/meddiet/)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site