海外ジャーナルレビュー : 「生活習慣病」

CDCによるアメリカDM患者の死亡率動向
Trends in cause-specific mortality among adults with and without diagnosed diabetes in the USA: an epidemiological analysis of linked national survey and vital statistics data [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:生活習慣病
ジャーナル名:The Lancet
年月:May 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
アメリカでの糖尿病(DM)患者の死亡率の動向は。CDCのGreggらは、National Health Interview Survey Linked Mortality files(1985〜2015)データに基づき、DM診断と各種死亡率との関連を検討した。
【結論】
1988〜1994年間と2010〜2015年間で、アメリカ成人DM患者の全原因死亡率は10年毎に20%(23.1 to 15.2/1000人年)、心血管原因死亡率は32%、がん原因死亡率は16%、非心血管・非がん死亡率は8%低下した。非DM患者でもこの傾向があったが、死亡率の低下度はDM患者が有意に大きく、全原因・心血管因死亡率の低下度の差は倍近かった。DM患者の全原因死亡率低下度は65〜74歳男性で最大で、20〜44歳では低下がなかった。また、DM患者における心血管因死亡の割合は1988〜1994年で47.8%だったが、2010〜2015年では34.1%であった。がん死亡の割合は16%〜20%で推移している。
【評価】
CDCによるアメリカDM状況の参照点的報告である。アメリカでは全人口の10%がDMとされているが、ケアの進歩と生活習慣の改善で死亡率は下がってきている。死亡原因の多様化と若年者での無変化が注目される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(生活習慣病)
Journal of the American Medical Association (JAMA)、The New England Journal of Medicine (NEJM)、Lancet、Diabetologia、Diabetes Care (Diabetes Care)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site