海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

発熱小児での集中治療必要性を小児用qSOFAスコアで予測できるか
Accuracy of a Modified qSOFA Score for Predicting Critical Care Admission in Febrile Children [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Pediatrics
年月:October 2020
巻:146
開始ページ:e20200782
【背景】
qSOFAスコアはICU外の成人感染症患者の予後予測において一定の有効性を示しているが、小児について用いることは出来ない。イギリスUniversity of LiverpoolのRomaineらは、年齢調整心拍数・呼吸数・毛細血管再充満・意識レベルからなるLiverpool qSOFAスコアを開発し、救急受診した発熱小児(n=12,241)でのクリティカルケア入院の予測におけるパフォーマンスを、qSOFA・PEWS・NICEスコアと比較した。
【結論】
検証コホートでは135件のクリティカルケア入院があり(1.1%)、敗血症関連死は5件あった。AUROCCは、LqSOFAスコアで0.81、qSOFAスコアで0.66、PEWSスコアで0.93、NICE高リスク基準で0.81であった。LqSOFAとqSOFAを比較したNRIは10.4%であった。
【評価】
4つのバイタルサインからなるシンプルな新スコアLqSOFAが、従来のqSOFAを上回り、NICEと同等のパフォーマンスを示した。救急小児における簡易予後スコアスコアを比較した最大規模の研究であり、既存スコアのパフォーマンスを知る上でも有意味な研究である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site