海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

重症患者でのバンコマイシン、持続静注でAKIリスクが減少:系統的レビュー・メタ解析
Continuous Versus Intermittent Infusion of Vancomycin and the Risk of Acute Kidney Injury in Critically Ill Adults: A Systematic Review and Meta-Analysis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care Medicine
年月:June 2020
巻:48
開始ページ:912
【背景】
バンコマイシンは重症患者で日常的に用いられる抗菌薬だが、腎障害性がある。University of Kentucky のFlanneryらは、システマティックレビュー・メタアナリシスにより、重症成人患者におけるバンコマイシンの投与方法(持続投与または間歇投与)と急性腎障害(AKI)・その他アウトカムとの関連を調査した。
【結論】
11件の研究が含まれ、AKIについては2,123名が評価された。間歇投与と比して、バンコマイシン持続投与はAKIリスクの低下と関連した(オッズ比0.47)。薬物動態的目標達成率は、持続投与で高かった(2.63)。死亡率に差はなかった(1.04)。
【評価】
持続投与によってバンコマイシン腎症を抑制しうることを確認した。バンコマイシン投与ではAUCモニタリングが推奨されており、さらなる最適化がもたらされるか注目される。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site