海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

ビタミンCは敗血症治療の「聖杯」ではない?:VITAMINS試験
Effect of Vitamin C, Hydrocortisone, and Thiamine vs Hydrocortisone Alone on Time Alive and Free of Vasopressor Support Among Patients With Septic Shock: The VITAMINS Randomized Clinical Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:January 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
2017年Chest誌に発表されたMarikらによる前後研究は、敗血症性ショック患者にビタミンC・チアミン・ステロイドを投与することで死亡率が劇的に低下したことを報告し、大きな驚きと懐疑によって迎えられた。オーストラリアMonash UniversityのFujiiらは、ICUの敗血症性ショック患者に、ビタミンC・チアミン・ヒドロコルチゾンまたはヒドロコルチゾン単独を割り付ける多国籍ランダム化比較試験VITAMINSを実施した(n=216)。
【結論】
7日目までの昇圧剤不要生存期間は、ビタミンCカクテル群で122.1日、ステロイド単独群124.6日であった。事前指定された10種の二次アウトカムのうち9種で有意な差は見られなかった(3日目までのSOFAスコアの低下はビタミンC群で大)。90日死亡率もそれぞれ28.6%、24.5%と差はなかった。
【評価】
Marik報告の直後から多数のRCTが開始されており、VITAMINSはその最初の結果報告となる。最終結論には他RCTを待つ必要があるが、ここでの無効結果により、ビタミンCカクテルに対する熱狂的な期待はいったん止むことになろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版

介護報酬の解釈 1 単位数表編 令和元年10月版
出版社:社会保険研究所

5,280 円(税込)

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019

JAID/JSC感染症治療ガイド 2019
出版社:ライフサイエンス出版

2,640 円(税込)

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック

よくわかる新生児マススクリーニングガイドブック
出版社:診断と治療社

5,500 円(税込)

ICUに配属ですか?!

ICUに配属ですか?!
出版社:メディカ出版

2,640 円(税込)

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版

誰も教えてくれなかった「風邪」の診かた 第2版
出版社:医学書院

3,850 円(税込)

Medical Online English Site