海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

心肺蘇生中のPOCエコー使用は高い自己心拍再開率と関連:SHoC-ED 3研究
Does Point-of-care Ultrasound Use Impact Resuscitation Length, Rates of Intervention, and Clinical Outcomes During Cardiac Arrest? A Study from the Sonography in Hypotension and Cardiac Arrest in the Emergency Department (SHoC-ED) Investigators [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Cureus
年月:April 2019
巻:11
開始ページ:e4456
【背景】
心停止患者でのポイント・オブ・ケア超音波検査(POCUS)は、心臓活動や肺塞栓症・心タンポナーデの評価が可能なことから、関心が高まっている。カナダDalhousie UniversityのAtkinsonらは、三次救急部門の成人心停止患者におけるPOCUS使用と蘇生期間・各種介入・臨床アウトカムとの関連を調査した(n=223)。
【結論】
80.7%が、救急での心停止治療中にPOCUSによる評価を受け、このうち11.6%で心臓の活動がみられた。心臓活動のみられた患者では、非活動患者および非POCUS評価患者より長期間の蘇生努力が行われた(27.3分 vs. 11.5分 vs. 14.4分)。また挿管・アドレナリン投与も多かった。心臓活動は、高い自己心拍再開率(39.5% vs. 19.5%)、生存入院率(27.9% vs. 6.9%)、生存退院率(6.9% vs. 0.6%)と関連した。
【評価】
POCUS使用はそれ自体蘇生努力の指標であろうから、ROSC率が高いことは不思議ではない。POCUSに基づき心膜穿刺を行った患者では生存率が高いという前向観察結果もあるが(https://doi.org/10.1016/j.resuscitation.2016.09.018)、POCUSが心停止患者のアウトカムを改善しうるかはRCTによって検証される必要がある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

7,040 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

20,350 円(税込)

メディカルオンライン セルフパブリッシュ
Medical Online English Site