海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

気管内チューブの固定にはテープよりもチューブホルダー
The effect of adhesive tape versus endotracheal tube fastener in critically ill adults: the endotracheal tube securement (ETTS) randomized controlled trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Critical Care
年月:May 2019
巻:23
開始ページ:161
【背景】
気管挿管患者での気管内チューブは通常テープによって固定されるが、定期的なテープ交換が必要で皮膚トラブルの問題もある。Vanderbilt UniversityのLandspergerらは、同施設の内科ICUに入室し24時間以上の人工呼吸管理を要すると思われる重症成人患者に、テープ固定とチューブ固定ホルダー(ホリスター社アンカーファスト)を割り付ける実臨床的ランダム化比較試験を実施した(n=500)。
【結論】
一次アウトカム(口唇潰瘍、チューブのずれ[2 cm以上]、人工呼吸器関連肺炎、顔面皮膚裂傷)の発生率は、ホルダー群7.8%(挿管1000日あたり22件)、テープ群17.2%(52.6件)であった。アウトカム項目のうち口唇潰瘍、チューブのずれはホルダー固定群で有意に減少した。肺炎、顔面皮膚裂傷、二次アウトカムに差はなかった。
【評価】
異なるチューブ固定法の安全性・アウトカムを比較した試験は、これまでほとんどなかった。この試験は、最も一般的なホルダーデバイスとテープを大規模比較し、チューブ固定ホルダーがICU患者の挿管時合併症を減少させることを実証した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site