海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

未就学児の異物誤飲による救急受診:過去20年で全米75万件、最多はコイン
Foreign-Body Ingestions of Young Children Treated in US Emergency Departments: 1995-2015 [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Pediatrics
年月:May 2019
巻:143
開始ページ:e20181988
【背景】
異物誤飲は特に2歳以下の乳児で好発する。アメリカNationwide Children’s HospitalのOrsagh-Yentisらは、National Electronic Injury Surveillance Systemのデータ(n=29,893)を用いた後向解析を行い、1995〜2015年に異物誤飲の懸念により救急で治療を受けた6歳未満の小児患者の疫学を記述した。
【結論】
期間中に救急で異物誤飲の評価を受けた小児は759,074名に上ると推定された。1万人あたりの異物誤飲発生率は、1995年の年9.5件から2015年には年18件に上昇した。誤飲は男児(52.9%)、1歳児(21.3%)で多かった。89.7%はそのまま帰宅可能であった。誤飲異物としては、コインが最も多く(61.7%)、おもちゃ(10.3%)、宝石(7.0%)、電池(6.8%)と続いた。コインの65.9%は1セント硬貨で、電池の85.9%はボタン電池であった。
【評価】
大半の誤飲症例は合併症を引き起こさないとはいえ、鋭利な異物、電池、磁石などでは摘出の必要が生じる。特に電池の誤飲は期間中急速に増加しており、保護者への注意喚起と有効な安全規制が急がれる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site