海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

低リスク失神患者は2時間のモニタリングで救急から帰宅できる
Duration of Electrocardiographic Monitoring of Emergency Department Patients with Syncope [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Circulation
年月:January 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
失神は致死的な原因を持つ場合があるが、救急の失神患者については高精度なリスク層別化を可能にする臨床スコアが開発されている。カナダUniversity of OttawaのThiruganasambandamoorthyらは、6施設の救急部門を受診した成人失神患者の前向コホート(n=5,581)において、Canadian Syncope Risk Scoreごとの重大な不整脈アウトカム(不整脈、不整脈への介入、原因不明死亡)およびアウトカムまでの時間を調査した。
【結論】
CSRSで低リスクに分類された患者は73.9%、中程度リスクは19.0%、高リスク7.1%であった。重大アウトカムは7.5%で、3.7%(207名)が不整脈であった。低リスク患者の不整脈イベントは0.4%、中程度リスク患者では8.7%、高リスク患者では25.3%であった。不整脈イベントの半数は、低リスク患者では救急到着後2時間以内、中・高リスク患者でも6時間以内に検出された。これらを除いた残存リスクは、それぞれ0.2%・5.0%・18.1%であった。
【評価】
各リスクグループをどれぐらいの期間モニタリングすれば良いか、という実践的問題に具体的な目安を示した。CSRS(https://www.mdcalc.com/canadian-syncope-risk-score)が0以下の患者は、2時間の心電図モニタリングで異常がなければ帰宅可能である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site