海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

免疫チェックポイント阻害剤の有害事象による救急受診
Adverse Effects of Immune Checkpoint Therapy in Cancer Patients Visiting the Emergency Department of a Comprehensive Cancer Center [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Annals of Emergency Medicine
年月:January 2019
巻:73
開始ページ:79
【背景】
免疫チェックポイント阻害剤は各種がんへと適応が拡大され利用が広がっているが、特徴的な副作用プロファイルを有することも明らかになりつつある。University of Texas MD Anderson Cancer CenterのMajzoubらは、同センター付属の救急部門を受診した免疫チェックポイント阻害剤治療患者の後向レビューを行い、免疫関連有害事象(irAE)を同定・記述した。
【結論】
628名、1,026回の受診があった。このうち25.0%が、ひとつ以上のirAEと関連した。受診理由として最も多かったのは下痢であった。免疫チェックポイント阻害剤利用患者での救急受診では、下痢・下垂体炎・甲状腺炎・膵炎・肝炎が有意に多かった。大腸炎は良好アウトカムと、肺炎は不良アウトカムと関連した。
【評価】
本論文は、救急専門誌にMDアンダーソンがんセンターの救急部門から発表された点で目を引く。腫瘍医以外もirAEについて認識し、担癌患者の診療では適切に考慮しなければならない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site