海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

敗血症性ショックでのステロイド、APROCCHSS試験では死亡率低下
Hydrocortisone plus Fludrocortisone for Adults with Septic Shock [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:The New England Journal of Medicine
年月:March 2018
巻:378
開始ページ:809
【背景】
重症感染症の管理におけるステロイドの意義は長らく論争的なものであり続けており、最近もADRENAL試験がネガティブ結果を報告している。フランスHopital Raymond PoincareのAnnaneら(APROCCHSS)は、敗血症性ショック患者において、ヒドロコルチゾン+フルドロコルチゾンとドロトレコギンα(活性型)およびこれらの組み合わせをプラセボと比較する2×2要因デザインによる多施設RCTを実施し、ヒドロコルチゾン+フルドロコルチゾン療法での結果を発表した(n=1,241)。
【結論】
90日死亡率は、ヒドロコルチゾン+フルドロコルチゾン群43.0%・プラセボ群49.1%であった(相対リスク0.78)。ステロイド群の死亡率は、28日時点を除き、ICU退室時・退院時・180日時点でも有意に低かった。28日までの昇圧剤不要日数および無臓器不全日数はステロイド群で多かった。重篤有害事象には両群で有意差はみられなかったが、ステロイド群では高血糖が多かった。
【評価】
併載のADRENAL試験(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1705835)とは対照的に、ステロイド投与群で有意な死亡率低下が見られた。両試験は組み入れ基準が異なり、より死亡率の高いAPROCCHSS試験での有効結果は、ステロイドの効果が患者重症度に依存する可能性を示唆する。治療抵抗性の患者でステロイドを考慮することは合理的であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site