海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

失神による救急受診患者での肺塞栓症は非常にまれ
Prevalence of Pulmonary Embolism in Patients With Syncope [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:JAMA Pediatrics
年月:January 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
肺塞栓症(PE)を原因とする失神はまれなものと考えられてきたが、PESIT研究は失神による入院患者の6人に一人でPEが見られると報告した。イタリアUniversita degli Studi di MilanoのCostantino らは、カナダ・デンマーク・イタリア・アメリカの5つのデータベースで、失神により救急を受診した成人患者におけるPE有病率(ICDコードに基づく)を推定した(n=1,671,944)。
【結論】
PE有病率は0.06%-0.55%であり、入院した患者では0.15%-2.10%であった。90日PE有病率はそれぞれ0.14%-0.83%、0.35%-2.63%であった。また90日までの静脈血栓塞栓症有病率は0.30%-1.37%、0.75%-3.86%であった。
【評価】
失神による入院患者で体系的精査を行ったPESITではPE有病率は17%と報告されているが(http://doi.org/10.1056/NEJMoa1602172)、このコホートでは非常にまれであった。PE除外のためのルーチンな評価は不要と考えられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site