海外ジャーナルレビュー : 「救急医療」

院外心停止小児での気道管理:バッグ換気で予後が良い
A comparison of pediatric airway management techniques during out-of-hospital cardiac arrest using the CARES database [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:救急医療
ジャーナル名:Resuscitation
年月:November 2017
巻:120
開始ページ:51
【背景】
小児の院外心停止(OHCA)例において、病院前での高度気道管理を実施する意義はあるか。Oregon Health & Science UniversityのHansenらは、Cardiac Arrest Registry to Enhance Survival(CARES)レジストリの、気管挿管・声門上器具・バッグバルブ換気の3種を利用していたEMSにおいて、気道管理戦略と小児・非外傷性OHCA生存率との関連を調査した(n=1724)。
【結論】
45.3%がバッグ換気のみ、42.2%は気管挿管、12.5%は声門上器具による気道管理を受け、全体の自己心拍再開率は20.7%、生存退院率は10.9%であった。バッグ換気と比して、気管挿管(オッズ比0.39)・声門上器具(0.32)は生存退院率の低下と関連した。この関連は感度分析においても堅固であった。
【評価】
観察研究であり除去しえなかった交絡の可能性はあるものの、高度気道管理は生存率を改善しなかった。All-Japan Utstein Registryにおける調査でも、病院前の高度気道管理は、バッグ換気と比して機能的生存率の悪化と関連する傾向が見られた(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/28267617)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(救急医療)
The Journal of the American Medical Association(JAMA)、Lancet、Critical Care Medicine (Crit Care Med)、The New England Journal of Medicine (NEJM)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]

脳卒中治療ガイドライン 2015  [追補2017対応]
出版社:協和企画

4,903 円(税込)

胃癌取扱い規約 第15版

胃癌取扱い規約 第15版
出版社:金原出版

4,104 円(税込)

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100

薬局ですぐに役立つ薬の比較と使い分け100
出版社:羊土社

4,104 円(税込)

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!

続・あなたのプレゼン 誰も聞いてませんよ!
出版社:南江堂

3,024 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site