海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

心筋炎患者のVTへのアブレーション治療のアウトカムを決めるもの
Inflammation as a Predictor of Recurrent Ventricular Tachycardia After Ablation in Patients With Myocarditis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:October 2020
巻:76
開始ページ:1644
【背景】
心筋炎患者の心室頻拍(VT)にアブレーション治療を行うことがあるが、そのアウトカム決定要因は。イタリアIRCCS San Raffaele Scientific InstituteのPerettoらは、連続125名の心筋炎患者のデータを解析した。一次エンドポイントは、12ヵ月間のVT再発である。
【結論】
一次エンドポイントの唯一の予測因子は、心筋炎の活動性ステージであった(HR:9.5)。
【評価】
虚血性疾患でのVTにアブレーションが有益でありうることが認められつつあるが、非虚血性での適応は不詳である。活動性炎症がある場合には避けるべきである、というここでの結論は常識的だが、活動性の確認のためには生検やウイルスPCR等が必要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site