海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

新規アロステリック心筋ミオシン阻害薬mavacamten、HOCMへの第3相試験成功
Mavacamten for treatment of symptomatic obstructive hypertrophic cardiomyopathy (EXPLORER-HCM): a randomised, double-blind, placebo-controlled, phase 3 trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:September 2020
巻:396
開始ページ:759
【背景】
Mavacamten(新規アロステリック心筋ミオシン阻害薬)は、成人症候性非閉塞性肥大型心筋症患者への有効性を示すMAVERICK-HCM第2相試験結果が既に公刊されている。イタリアAzienda Ospedaliera Universitaria CareggiのOlivottoら(EXPLORER-HCM)は、251名の症候性閉塞性肥大型心筋症(HOCM)患者を対象として行われた同薬の第3相試験の結果を報告している(対照:プラセボ)。一次エンドポイントは、pVO2の1.5 mL/kg/min以上の増加および少なくとも1段階のNYHAクラス低減、またはNYHAクラス悪化のない3.0 mL/kg/min以上のpVO2増加である 。
【結論】
Mavacamtenの一次エンドポイント効果を認めた(差+19.4%)。安全性・忍容性にプラセボとの差はなかった。治療による有害事象は一般に軽度だった。
【評価】
決め手のないHCMに対する新クラス薬の成功である。承認は確実だが、Lancet Editorialは、長期効果の確認と対象患者層の拡大を求めている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site