海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

NSTEMIは超高齢でも侵襲的管理を: SENIOR-NSTEMI
Invasive versus non-invasive management of older patients with non-ST elevation myocardial infarction (SENIOR-NSTEMI): a cohort study based on routine clinical data [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:August 2020
巻:396
開始ページ:623
【背景】
NSTEMI患者でも侵襲的管理が非侵襲的管理に優るというRCTデータがあるが、超高齢者は除外されている。イギリスImperial College LondonのKauraら(SENIOR-NSTEMI)は、2010〜2017年にNSTEMIと診断された80歳以上の患者1,976名のデータを解析した(トロポニン濃度ピーク3日以内の侵襲的 vs. 非侵襲的管理の生存効果を評価)。
【結論】
中央値3.0年の追跡で、侵襲的管理の生存効果優位を認めた(aHR:0.68)。侵襲的管理は心不全入院リスクの低下とも関連した(aRR:0.67)。
【評価】
クリアなメッセージを発する大規模コホート研究である。テーマの重大さに鑑み、RCTが呼びかけられよう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site