海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

鉄過剰は動脈硬化を促進する:論争的仮説に新エビデンス
Atherosclerosis is aggravated by iron overload and ameliorated by dietary and pharmacological iron restriction [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:July 2020
巻:41
開始ページ:2681
【背景】
鉄過剰が動脈硬化促進的であるという仮説があるが、論争的である。ドイツUniversity of HeidelbergのVinchiらは、血清非トランスフェリン結合鉄(NTBI)高値を呈する粥状硬化マウスモデル(ApoE-/- FPNwt/C326S)を作成してこの仮説を検証した(対照:ApoE-/-マウス)。
【結論】
ApoE-/-マウスに比し、ApoE-/- FPNwt/C326Sマウスでは鉄剤投与時に動脈硬化進行が見られた。動脈中膜への鉄蓄積は、プラーク形成・血管酸化ストレス・機能不全と関連していた。鉄制限食や鉄キレート療法で、ApoE-/- FPNwt/C326Sマウスの動脈硬化進行は顕著に改善された。
【評価】
閉経前女性で動脈硬化が進行しにくい、という現象と関連付けられたこともある(https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/12595829/)興味深い論争的仮説で、疫学的には関連がない、とした古典的研究さえある(https://academic.oup.com/aje/article-abstract/141/8/719/108512)。著者らは、このレベルでの動物実験は初めてである、としてこの仮説をプロモートしている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site