海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

食物中ステロール吸収増のCADリスクを遺伝子レベルで証明
Genetic variability in the absorption of dietary sterols affects the risk of coronary artery disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:July 2020
巻:41
開始ページ:2618
【背景】
食事中のステロール量と血中コレステロールレベルの関連は古くて新しい問題である。アイスランドdeCODE genetics/AmgenのHelgadottirらは、アイスランド・デンマーク・UKバイオバンクデータに基づき、non-HDL-C・フィトステロール濃度およびCADリスクに対するABCG5/8バリアントの効果を、遺伝子スコアを用いて解析した(N=105,490[ケース群]、844,025[コントロール群])。
【結論】
non-HDL-Cへのインパクトによって9つのABCG5/8バリアントを識別した。これらバリアントキャリアはフィトステロール濃度も高く、CADリスクが増加した。8つのABCG5/8バリアントが胆石とも関連していた。non-HDL-C 1mmol/L増を予測するABCG5/8バリアント遺伝子スコアはCADリスクを倍化し、他バリアントではCADリスクは54%増した。
【評価】
食物中ステロールの腸吸収がCADリスクにダイレクトに関与する、という遺伝子レベル証明を提出した。著者らは、フィトステロールサプリが「悪玉コレステロール」を下げて有益である、という見解に再考を促している。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site