海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ACS患者へのalirocumabの費用効果は「モデスト」
Cost-Effectiveness of Alirocumab in Patients With Acute Coronary Syndromes: The ODYSSEY OUTCOMES Trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:May 2020
巻:75
開始ページ:2297
【背景】
ODYSSEY OUTCOMESはPCSK9阻害薬alirocumabのACSアウトカム有益性を示したが、高価である。同試験のBhattら(Harvard Medical School)は、その費用効果を検討する2次解析を行った(n=18,924)。
【結論】
年間治療費$5,850という前提下でのトライアル参加患者の平均費用効果増は、1 QALYあたり$92,200、LDL-C <100 mg/dlの患者の場合には$299,400/QALY、LDL-C≧100 mg/dlの場合には$41,800/QALYであった。
【評価】
同薬の初期の値付けはここでの3倍レベルであり、通常のACS患者での費用効果は疑問視されていた。価格レベルが下がってきた段階での今回の分析だが、「モデスト」というレベルとみられる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

診療報酬2020【BASIC】点数表

診療報酬2020【BASIC】点数表
出版社:医学通信社

3,300 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

Medical Online English Site