海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

心血管健康(CVH)のためにはprimordial preventionを
Cardiovascular Health Trajectories From Childhood Through Middle Age and Their Association With Subclinical Atherosclerosis [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:March 2020
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
生涯の心血管健康(CVH)に対する小児期の重要性が明らかになりつつある。Northwestern UniversityのAllenらは、アメリカ・フィンランド5コホート研究のデータを統合し、小児期からの長期的CVHリスクモデルを構築して、中年でのサブクリニカル動脈硬化への影響を検討した(n=9,388)。リスクモデルには、臨床的CVHファクター(BMI・総コレステロール値・血圧・血糖値)による臨床的CVHスコアを使用した。主要アウトカム指標は頸動脈IMT(cIMT)である。
【結論】
5つの明確なCVH軌跡グループが特定された:high-late decline(16%)、high-moderate decline(26%)、high-early decline(32%)、intermediate-late decline(16%)、intermediate-early decline(10%)。High-late declineグループは他群と比べ有意にcIMTが低かった。Intermediate-early decliningグループは、high-late declineグループと比較して高cIMTのオッズが高かった(OR:2.4)。
【評価】
AHAは10年前にCVHイニシアティブを発表してキャンペーンを開始したが(https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/circulationaha.109.192703)、ここで示されたように心血管劣化は小児期から始まり中年期に至る。著者らはprimordial preventionの必要性を訴えている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site