海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

SNPによる冠疾患リスク予測は「あまり有益でない」?
Predictive Accuracy of a Polygenic Risk Score-Enhanced Prediction Model vs a Clinical Risk Score for Coronary Artery Disease [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:February 2020
巻:323
開始ページ:636
【背景】
冠動脈疾患(CAD)リスク層別化において、多遺伝子リスクスコアの併用は現在臨床で用いられている予測モデルの単独使用より優れているか。英国 Imperial College LondonのElliottらは、UK Biobank登録者を対象とするケース・コントロール研究(各15,947名)および352,660名を対象とする多遺伝子リスクスコアの検証を行った。主要アウトカムはCADである。
【結論】
単独使用に比し、多遺伝子リスクスコアを併用することで、非常にモデストではあるが統計的に有意にCADを予測できた(ネット再分類改善度:4.0%)。
【評価】
同著者らは米国ARIC・MESAデータを用いた解析もJAMAに併載しているが、そちらの方は差異がより有意でなかった(https://doi.org/10.1001/jama.2019.21782)。筆者らは、「多遺伝子リスクスコアを用いてリスクを層別化したとしても、80%の場合見逃してしまうことになる。重要なのはライフスタイルの改善だ」としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site