海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

リスクかリスクでないのか、拡張期高血圧症
Association of Isolated Diastolic Hypertension as Defined by the 2017 ACC/AHA Blood Pressure Guideline With Incident Cardiovascular Outcomes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Journal of the American Medical Association
年月:January 2020
巻:323
開始ページ:329
【背景】
拡張期(のみの)高血圧症(IDH)はどれほど危険か。アイルランドNational University of Ireland GalwayのMcEvoyらは、アメリカでのIDHを2017年のACC/AHAと2003年のJNC7基準とで比較し、IDHのアウトカムを横断・縦断解析した(NHANES:n=9,590、ARIC:n=8,703)。IDH基準は、ACC/AHA(SBP<130 mmHg、DBP≧80 mmHg)とJNC7(SBP <140 mmHg、DBP≧90 mmHg)である。アウトカムは、IDHの一般有病率および2017 ACC/AHAガイドラインで降圧薬を推奨されるレベルのIDHの有病率、ARIC Studyにおける動脈硬化性心血管疾患(ASCVD)・心不全(HF)・慢性腎臓病(CKD)のリスクである。
【結論】
NHANES集団でのIDH有病率は2017 ACC/AHA基準で6.5%、JNC7基準で1.3%であった。要治療IDHの有病率は0.6%であった。IDHは、ASCVD・CF・CKDの発症リスクを増さなかった。
【評価】
2019 NEJMのKaiser研究は、130万人というビッグデータで単独拡張期高血圧症のリスクを認めている(https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa1803180IDH)。規模100分の一というこの研究結果で覆すには、何らかの論拠が必要であろう。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site