海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

Left-main diseaseにはPCIかCABGか:NOBLE5年結果は論争に油を注ぐ
Percutaneous coronary angioplasty versus coronary artery bypass grafting in the treatment of unprotected left main stenosis: updated 5-year outcomes from the randomised, non-inferiority NOBLE trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:December 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
PCIが左冠動脈主幹部(LMCA)病変でもCABGと同等というEXCEL結果は、大きな反響を広げた。同主題試験であるNOBLEのHolmら(デンマークAarhus University Hospital)は、同試験の5年結果を発表している(PCI:n=598、CABG:n=603)。一次エンドポイントはMACCE(全死因死亡・処置非関連心筋梗塞・再灌流再施行[RR]・脳卒中)である。
【結論】
一次エンドポイントでのPCIのCABGへの劣性を認めた(HR:1.58)。死亡率は両群で同等だったが、PCI群では処置非関連心筋梗塞がHR:2.99、RRがHR:1.73であった。
【評価】
EXCEL 5年結果(https://www.nejm.org/doi/10.1056/NEJMoa1909406)と両立せず、論争に油を注ぐ結果となった。PRECOMBAT・SYNTAXデータを加えたメタアナリシスを、ということが一つの調停案である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site