海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

中等〜重度貧血のAF患者への経口抗凝固薬療法は有害無益
Oral anticoagulation among atrial fibrillation patients with anaemia: an observational cohort study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:December 2019
巻:40
開始ページ:3782
【背景】
貧血の心房細動(AF)患者への経口抗凝固薬療法は有益か。 デンマークCopenhagen UniversityのBondeらは、同国データベースでHb記録のある18,734名のAF患者を対象としてこの問題を検討した。AF患者の貧血と脳卒中/血栓塞栓症(TE)リスクおよび出血との関連を評価した。
【結論】
中等〜重度の貧血(Hb<6.83 mmol/L)は、出血リスク増および9.1%のTTR中央値短縮と関連した。OACの使用は貧血のない患者で脳卒中/TEリスクを低減し、軽度貧血患者(女性で6.83〜7.45 mmol/L、男性で6.83〜8.03 mmol/L)でもリスクは低減したが、中等〜重度の貧血患者ではこの効果はなかった。
【評価】
重要な臨床問題に、大規模調査で高信頼度の解答を出した。同じ問いを立てた台湾の8,300例調査では、Hb<10 g/dLの患者ではNOACはワルファリンより出血リスクが少ない」としている(https://www.ahajournals.org/doi/full/10.1161/JAHA.119.012029)。.
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2020

今日の治療薬 2020
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版

レジデントのための感染症診療マニュアル 第4版
出版社:医学書院

13,200 円(税込)

医科点数表の解釈 令和2年4月版

医科点数表の解釈 令和2年4月版
出版社:社会保険研究所

6,490 円(税込)

治療薬ハンドブック 2021

治療薬ハンドブック 2021
出版社:じほう

4,840 円(税込)

Medical Online English Site