海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

タバコを吸う親の子はAFになりやすい
Childhood Tobacco Smoke Exposure and Risk of Atrial Fibrillation in Adulthood [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:October 2019
巻:74
開始ページ:1658
【背景】
喫煙は心血管系疾患の主要リスク因子だが、親の喫煙が子の心房細動(AF)リスクを増すという報告が現れた。University of CaliforniaのMarcusらによるもので、Framingham Heart Study第二世代5,124名のデータを解析した(喫煙習慣のある親を持つ子は2,816名)。
【結論】
親の喫煙習慣により子のAFリスクは18%(pack/day)上昇した。親の喫煙歴は子の喫煙習慣のリスク因子でもあった(OR:1.34)。子の喫煙習慣は親の喫煙習慣と子のAFリスクの関連の17%に介在した。
【評価】
同グループはすでにSHSへの胎内曝露がAFリスクであるとしているが(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4698178/)、小児期での親からのSHSがAFリスクとなる、というのは初めての報告である。14%の子は40歳までにAFを発症したという。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

7,040 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

20,350 円(税込)

メディカルオンライン セルフパブリッシュ
Medical Online English Site