海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

喫煙のPADリスクは高く、禁煙しても長く残る
Cigarette Smoking, Smoking Cessation, and Long-Term Risk of 3 Major Atherosclerotic Diseases [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:July 2019
巻:74
開始ページ:498
【背景】
喫煙と末梢動脈疾患(PAD)の関連は周知だが、禁煙のPADに対する効果を長期的に他の心血管疾患と比較した研究はない。Johns Hopkins Bloomberg School of Public HealthのDingらは、1987〜1989年登録のARIC研究参加者13,355名のデータを解析した。
【結論】
追跡期間中央値26年間で、年間喫煙本数と心血管3 疾患(冠性心疾患[CHD]・脳卒中・PAD)との間に用量反応関係が認められ、PADが最も強く関連した。長期の禁煙はこれら疾患リスクの低減と一貫して関連したが、有意な高リスクは、PADでは禁煙後最大30年間、CHDでは最大20年間持続した。
【評価】
3大心血管疾患と喫煙の関連を長期比較した初めての研究であり、PADへのインパクトが一番大きいとした。禁煙してもリスク低下速度は遅い、というのは初めての知見で重要である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

6,912 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,480 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

19,980 円(税込)

Medical Online English Site