海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ドイツリアルワールドデータは「80歳以上の降圧目標140/90 mmHgは危険」
Control of blood pressure and risk of mortality in a cohort of older adults: the Berlin Initiative Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:European Heart Journal
年月:July 2019
巻:40
開始ページ:2021
【背景】
高齢者の降圧目標として140/90 mmHg以下は適切か。ドイツCharite-Universitatsmedizin BerlinのDourosらは、Berlin Initiative Studyのデータ(n=1,628、平均年齢81歳)を解析した。
【結論】
8,853人年のフォローアップで、469名が死亡した。140/90 mmHg以下の場合の全死因死亡リスクは、高血圧の場合より高かった(HR:1.26)。さらに、80歳以上(HR:1.40)・心血管疾患既往(HR:1.61)ではより高リスクだった。他方、70〜79歳(HR:0.83)・心血管疾患既往なし(HR:1.16)では、リスクは減るか同等だった。
【評価】
2017 ACC・AHAの降圧基準 SBP<130 mmHgは論争的で、ESC/ESHはSBP<140基準を採用している。高齢者に関しては、RCTでそれでよいというデータがあるが、このドイツリアルワールドデータは「80歳以上では危険」ということになった。しばらくは収束は難しそうである。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2019

今日の治療薬 2019
出版社:南江堂

5,060 円(税込)

実力心電図 ―「読める」のその先へ―

実力心電図 ―「読める」のその先へ―
出版社:日本不整脈心電学会

7,040 円(税込)

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携

指導士資格認定試験準拠 心臓リハビリテーション必携
出版社:日本心臓リハビリテーション学会

6,600 円(税込)

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V

日本臨牀 別冊 神経症候群(第2版)V
出版社:日本臨牀社

20,350 円(税込)

メディカルオンライン セルフパブリッシュ
Medical Online English Site