海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

MGH発、CAD重症度評価のためのpCADスコア
Association of an HDL Apolipoproteomic Score With Coronary Atherosclerosis and Cardiovascular Death [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:May 2019
巻:73
開始ページ:2135
【背景】
CAGのためにMassachusetts General Hospita(MGH)に紹介された患者を登録したCASABLANCA研究は、HDLアポリポタンパクスコア(pCAD:HDL関連アポリポタンパクA-1・apoC-1・apoC-2・apoC-3・apoC-4で構成)と閉塞性CADの心血管アウトカムとの関連を示唆した。同研究のNatarajan(MGH)は、この問題の更なる解析結果を報告している。
【結論】
587名(62.2%)で冠動脈狭窄(≧70% lesion in ≧1 vessel)を認めた。pCADスコアは、閉塞性CADと関連していた(OR:1.39)。この関連はapoA-1・apoBによる従来の心血管リスクファクターとは独立しており、最重要因子はapoC-3であった。閉塞性CAD有病率に関するpCADのC-indexは0.63であり、同スコアは閉塞性CAD患者の死亡リスクと関連していた(HR:1.48)。
【評価】
HDLとHDL-Cとの独立性が認知されてきており、このようなHDLアポリポプロテインの分析・スコア化が必要となっている。MGHが提案したpCADスコアの有用性をさらに確認しただけでなく、CAD形成におけるapoC-3の重要性という仮説を生成した結果である。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site