海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

アルコールのCVDリスクに新次元疫学研究
Conventional and genetic evidence on alcohol and vascular disease aetiology: a prospective study of 500 000 men and women in China [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:April 2019
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
適度のアルコール摂取が心血管イベントリスクを下げるという報告が多いが、遺伝子レベルでの裏付けに欠ける。中国Peking UniversityのLiらは、中国データバンク登録512,715名の成人を対象に、自己報告アルコール摂取量・遺伝子型予測アルコール摂取量(161,498名)とCVD(脳卒中・心筋梗塞)リスクの関連を前向解析した。
【結論】
自己報告摂取量では、男性において100g/週のアルコール摂取はCVDリスク減少と関連した。しかし、遺伝子型予測によれば、頭蓋内出血(相対リスク[RR]/280g/週: 1.58)・虚血性脳卒中(RR/280g/週: 1.27)リスクともアルコール摂取と有意に線形に関連し、U字関係はみられなかった(心筋梗塞では非有意)。他方、女性においてはこのような関連はみられなかった。
【評価】
中英共同で長く行われているビッグデータ疫学研究であり、飲酒のCVDリスク研究を、遺伝子レベル解析という新次元に押し上げた。U字関連はないという結論は強く、前向RCTでなければ覆せないともみえる。「アルコールにタバコレベルの規制を」という大きな公共政策問題につながる可能性もある。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site