海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

DM+LMCAD患者でも複雑病変でなければPCIとCABGに差はない
Bypass Surgery or Stenting for Left Main Coronary Artery Disease in Patients With Diabetes [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:April 2019
巻:73
開始ページ:1616
【背景】
糖尿病(DM)の左前下行枝疾患(LMCAD)患者にはCABGがPCIより優れている、という仮説は検証に耐えるか。オランダErasmus Medical CenterのMilojevicらは、EXCEL試験の前指定部分集団(SYNTAX scores ≦32)解析を行った(n=1,905)。一次エンドポイントは、3年での全原因死亡・脳卒中・MIの複合である。
【結論】
非DM患者の場合と同様に、DM患者でもPCIとCABGの間に一次エンドポイント有意差を認めなかった。
【評価】
LMCADのDM患者でも、「非常に複雑な病変でない限り」現行スタンダードDESによるPCIはCABGと同等に推奨できる、という結論であり、主流化している見解に掉さす結果となった。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site