海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

急性期脳梗塞における血栓除去で、ADAPTはステントリトリーバーに非劣性で安い
Aspiration thrombectomy versus stent retriever thrombectomy as first-line approach for large vessel occlusion (COMPASS): a multicentre, randomised, open label, blinded outcome, non-inferiority trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:March 2019
巻:393
開始ページ:998
【背景】
急性期脳梗塞患者に対する血管内血栓除去療法(EVT)ではステント型レトリーバー(SR)の採用が多いが、ADAPT(直接吸引First-Pass Technique)はどうなのか。Greenville Health SystemのTurkら(COMPASS)は、発症後6時間以内の前方循環系閉塞患者(ASPECT6点以上)270名を対象として、両技法を比較するRCTを行った。一次アウトカムは、90日後における臨床的機能アウトカム(修正Rankin Scale score 0-2の患者率)の非劣性である。
【結論】
一次アウトカムでSRと比してADAPTの非劣性が示された(ADAPT群52%、SR群50%)。有効血流再開にも完全再灌流にも有意差はなかった。頭蓋内出血・3ヶ月以内死亡率にも差はなかった。費用はADAPT群がSR群より$4,541安い。
【評価】
大口径ACE68吸引カテーテルを用いたADAPTをSRと初めて本格比較した研究である。他にも非劣性の報告があり、費用効果とあいまって普及が見込まれる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site