海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

RCTで示す、DCM症状軽快患者への休薬は不可
Withdrawal of pharmacological treatment for heart failure in patients with recovered dilated cardiomyopathy (TRED-HF): an open-label, pilot, randomised trial [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:January 2019
巻:393
開始ページ:61
【背景】
症状・心機能が回復した拡張型心筋症(DCM)患者は休薬してよいか。英Royal Brompton HospitalのPrasadら(TRED-HF)は、これを検証する非盲検RCTを行った(n=51)。対象は無症候でLVEFが40%未満から50%以上に改善した患者(LVEDV正常、NT-proBNP濃度<250 ng/L)で、一次エンドポイントは、半年以内のDCM心不全指標の悪化である。
【結論】
最初の6ヶ月間で、治療中止群の44%が一次エンドポイントに達した(Kaplan-Meir事象発生率:45.7%)。両群とも死亡は報告されなかったが、治療中止群では3つの重篤有害事象(非心臓性胸痛・敗血症・入院)が報告された。
【評価】
結論は休薬は不可、ということである。カージオロジーにおける休薬問題には幾つかの研究があったが、対象疾患を限定して心不全治療の中断の是非をRCTで検証する、というのは初めての試みである。様々な治療の休止問題研究の範例となる。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site