海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

ACS後死亡リスク予測にはNT-proBNPとGDF-15
Association of Multiple Biomarkers With Risk of All-Cause and Cause-Specific Mortality After Acute Coronary Syndromes: A Secondary Analysis of the PLATO Biomarker Study [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:December 2018
巻:3
開始ページ:1160
【背景】
バイオマーカーによる急性冠症候群(ACS)予後予測に関し様々な検討が行われてきている。スウェーデンUppsala UniversityのLindholmらは、トリカグレル/クロピドグレルの有効性を比較したPLATO試験参加患者17,095名のデータを二次解析した。一次アウトカムは、全死因死亡・心筋梗塞・心突然死/不整脈・出血・介入処置・心血管因死亡・非心血管因死亡である。
検討したバイオマーカー(ベースライン値)は、シスタチンC・GDF-15・hsCRP・hsTn-I/T・NT-proBNPであった。
【結論】
全死因死亡に関しては、NT-proBNP・GDF-15が有意なマーカーであった(それぞれHR:2.96・HR:2.65)であった。HRは、心不全に関してはNT-proBNPが8、CRP・GDF-15・シスタチンCが3であり、心突然死/不整脈に関しては、NT-proBNPは4、GDF-15は2であった。GDF-15は、他の心血管因因・非心血管因死亡子や出血による死亡の最も強いマーカーであった(HR:4.91)。
【評価】
AMI・心不全を含めれば多数の類似研究がある主題だが、ACSに限定して比較的新しいGDF-15の重要性(https://www.ingentaconnect.com/content/ben/ccr/2016/00000012/00000001/art00008)を確認して、臨床的汎用を促した。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site