海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

アメリカでのDOAC使用に人種差
Association of Race/Ethnicity With Oral Anticoagulant Use in Patients With Atrial Fibrillation: Findings From the Outcomes Registry for Better Informed Treatment of Atrial Fibrillation II [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:JAMA Cardiology
年月:November 2018
巻:Online first
開始ページ:Online first
【背景】
アメリカ医療における人種差はあらゆる分野で見いだされてきた。Harvard Medical SchoolのEssienらは、心房細動患者に対するDOAC使用の人種差調査結果を報告している。Outcomes Registry for Better Informed Treatment of Atrial Fibrillation IIから12,417名の成人患者コホートを抽出して3.5年間追跡した。一次アウトカムは経口抗凝固薬(OAC)、殊にDOACの使用である。
【結論】
臨床諸特性の調整後、黒人は白人よりOAC処方率が低く(aOR:0.75)、DOAC処方率も低かった(aOR:0.63)。更に社会経済要因で調整すると、黒人間のOAC使用率に有意差はなかった。OAC使用患者中DOAC使用率は黒人が少なかった(aOR:0.73)。白人とヒスパニック系間にはこのような差はなかった。ワルファリン使用患者では、黒人・ヒスパニック系は白人より使用期間が短かった。DOACで治療している黒人・ヒスパニック系は、白人より不適切な量を処方されていた。
【評価】
DOACにフォーカスした人種差研究としては初めてである。黒人に差異が生じる原因として社会経済要因を否定する一方、白人では過剰治療の傾向がみられるとしており、医療供給者側のバイアスも示唆される。アメリカの脳梗塞罹患率はどんどん下がってきているが、高齢者・男性・黒人のリスクが高いことは変わっていない(https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/1887762)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

Medical Online English Site