海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

マクロファージCD31シグナリング作動薬による大動脈瘤治療の概念を提示
Macrophage CD31 Signaling in Dissecting Aortic Aneurysm [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:July 2018
巻:72
開始ページ:45
【背景】
動脈瘤の形成にマクロファージが重要な役割を果たすことが知られてきている。フランスUniversite Paris DiderotのAndreataらは、Apo E-/-マウスに大動脈瘤乖離・壁内血腫(ADIM)を作成し、CD31アゴニストの治療効果を検証した。
【結論】
CD31欠損マウスでは、マクロファージ浸潤により炎症が促進された。また、ADIMマウスではCD31アゴニストP8RIによりマクロファージは炎症型(M1)から組織修復型(M2)に転換し、動脈瘤・血腫形成は抑制され、コラーゲン形成が促進された。
【評価】
動脈瘤形成のマクロファージ駆動仮説のけん引グループの一つが、マクロファージの型転換促進シグナリング治療薬を提示した。新しいアプローチとして注目される。同薬には、心不全の有効性の報告もある(https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1878648018300582)。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site