海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

低流量・低圧較差大動脈狭窄症患者へのTAVRは有益?
Transcatheter Aortic Valve Replacement in Patients With Low-Flow, Low-Gradient Aortic Stenosis: The TOPAS-TAVI Registry [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:Journal of the American College of Cardiology
年月:March 2018
巻:71
開始ページ:1297
【背景】
低流量・低圧較差大動脈狭窄症(LFLG-AS)患者へのTAVR治療は有益か。また、同患者へのTAVR前ドブタミン負荷心エコー検査(DSB)は有用か。カナダLaval UniversityのRodes-Cabauらは、TOPAS-TAVI レジストリ登録患者のデータを基にこの問題を検討した(n=287)。
【結論】
対象集団のSTSスコア中央値は7.7%、平均LVEF30.1%、平均圧較差25.4mmHgであった。DSE施行患者の45%には収縮予備能があった。30日・2年死亡率は各3.8%・32.3%であった。全死因死亡率と関連したのは、COPD・低ヘモグロビン値であった。低ヘモグロビン値とTAVR後の中等〜重度の大動脈弁逆流が、死亡・心不全再入院を予測した。LVEFは1年で8.3%増加した。ベースラインDSEでの収縮予備能の欠如は、TAVR後の臨床アウトカム・LVEF低下と関連していなかった。
【評価】
この集団に対するTAVRがSAVRより優れているかどうか、という基本的な問題に関する相当な規模の観察データである。DSEによる収縮予備能低下患者でSAVRが有益でないことを示した従来結果に対し、TAVRアウトカムがDSEの結果によらないことを示唆して、TAVR選好的な結果を出した。ただし、ここでの結論は、例えば長期死亡率の高さにみられるように、TAVR技法の最近の変化は反映していない。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site