海外ジャーナルレビュー : 「循環器」

CABGとPCIの死亡率:個別患者レベルメタ解析
Mortality after coronary artery bypass grafting versus percutaneous coronary intervention with stenting for coronary artery disease: a pooled analysis of individual patient data [ 原文(アブストラクト)を読む⇒ ]

カテゴリー:循環器
ジャーナル名:The Lancet
年月:March 2018
巻:391
開始ページ:939
【背景】
CABGとPCIの比較試験は膨大で、メタ解析も複数存在する。オランダのErasmus UniversityのHeadらは、CABG/PCIの死亡率を比較した11RCT(2017年7月まで)の個別患者レベルメタ解析を行った(n=11,518)。多枝またはLAD病変の非AMIで、生存転帰を1年以上フォローアップされている患者を選択した。
【結論】
平均SYNTAXスコアは26.0(22.1%は33以上)であった。5年死亡率はPCIが劣った(11.2% vs. 9.2%、HR:1.20)。この差は、特に多枝病変患者(HR:1.28)・DM合併患者(HR:1.48)に因るもので、非DM患者では有意差がなかった。LAD病変患者では有意差は認められなかった。
【評価】
現在のコンセンサスをほぼ確認し、DM・多枝病変患者でのCABG選好を担保した。著者らは、全般的な差を明らかにするためには超長期追跡が必要であろう、としている。
関連するメディカルオンライン文献


大規模臨床試験、新規の薬・機器・手法・因子・メカニズムの発見に関する文献を主に取り上げ、原文の要約と専属医師のコメントを掲載。
(制作協力:Silex 知の文献サービス

取り上げる主なジャーナル(循環器)
Journal of the American College of Cardiology(JACC)、Lancet、The New England Journal of Medicine(NEJM)、American Heart Journal (AHJ)、Circulation、The Journal of the American Medical Association(JAMA)
おすすめ書籍:メディカルブックセンター
今日の治療薬 2018

今日の治療薬 2018
出版社:南江堂

4,968 円(税込)

ポケット医薬品集 2018年版

ポケット医薬品集 2018年版
出版社:南山堂

5,076 円(税込)

今日の治療指針 2018年版 デスク判

今日の治療指針 2018年版 デスク判
出版社:医学書院

20,520 円(税込)

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017

小児気管支喘息治療・管理ガイドライン 2017
出版社:協和企画

4,536 円(税込)

メディカルオンライン イーブックス
Medical Online English Site